Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い猛獣

最近は、堂島リバーフォーラムのレゴ世界遺産展、そしてエドウィンさんのサマーブリックフェストに行きました。

その写真も近々アップします。



フェリー

オールドレゴな形と色のパーツで、大きめのフェリーを作りました。
フェリーに乗るのも好きだし、乗り物の中に居住空間があるという構造が、作っていて楽しいです(仮眠室とかシャワー室とか)。


全体図、左側面



車が三台、乗り込むことができます。救命ボートもあります。



駐車場から半階分下ると、ゆったりとした船室があります。大型テレビと、カウンター席もご用意。
二階から上は取り外せます。



二階は横に開くこともできます。



横に開くと、船長室と仮眠室を見ることができます。



さりげなくライトブリックも入れてあるので、夜のクルーズもお楽しみいただけます。



甲板では、ドリンクの販売。


屋上では、掃除の兄ちゃんたちがチャンバラ。



右側面図。
デッキがあり、海を眺めることができます。


どうやら、プロポーズが行われている様子…

コマンドウルフ風

ミクセル関節をたくさん購入したので、昔作ったゾイドのシールドライガー風ロボとサイズをそろえて、もう一体作ってみました。
ゾイドっぽく作りましたが、似せようとはしていないので、オリジナルと言うことで。





マチカネワニロボット、保守点検作業者向け?情報

さて、マチカネワニロボットの動きに関しては、y_kuramata氏が、写真に矢印をいれてわかりやすく解説してくれているので、まずはそちらをご参照ください。
文章とか解説とかは上手い人に任せます。

この記事

先方の記事でも顎の開閉について解説がありますが、ここは本当に苦労しました。おおきな力が中心にかかるにもかかわらず、スペースは限られているし、スピードもほしいし、パーツはレゴだけでやりたい(魔改造は一切なしです)し、ターンテーブルのパーツないし…

というわけで、モータ二つをデフギアで出力加算。それをギア比1:9に減速し、クラッチギアで過負荷対策。その後ウォームギアでさらに減速してピニオンを回し、ラックギアを押し出しています。

さて、くらまた氏の解説写真、すこしだけ本物と違うところがあるので(本質的には一緒です)、こちらに本物とマチカネワニロボットで採用した機構を載せておきます。

まず、本体はこんな感じで全て縦横に補強。



黄色いビームがワニの顎部分です。
赤いリフトアームとラックギアが重要な役割を果たします。



これらを組み合わせます。黒いピンが固定部分、グレーのピンが可動部分。ピニオンを時計回りに回すとラックが左に動き、顎が開きます。




ーーーー

今回、肝となったギアは、先述の
・デフギア
・クラッチギア
・ラックとピニオン
・ウォームギア

でした。マチカネワニはビームを基本とした、「昔のレゴテクニック」風の構造なので、ポッチ数は偶数系。最近のテクニックパーツとはあまり相性がよくなかったです。実際、テクニックでよく使われる手法で補強しようとしても、他のビームと干渉したり、奇数偶数が合わなかったりしました。そんな状態だったので、昔のレゴテクニック製品で時々使われていたウォームギア用のギアボックス(写真の黄色いパーツ)が非常に重宝でした。このパーツは顔面に一つだけ使用しました。



ワニの身体中で、最近のテクニックパーツを使用したところは少なく、リフトアーム15、L型コネクタ、PowerFunctions規格部品の三種を、数十個用いたのみでした。あとは10年~20年前からレゴ社が発売しているパーツのみで作成できてしまいました。手に入りにくいパーツや特殊なパーツははなに一つ使用していないのが売りですね。

昔のレゴに思うこと

いやぁ、今日は悔しかった。こんなことをブログに書いちゃう当たり、あの瞬間の悔しさを少しでもお分かりいただきたい!



実家近くのリサイクルショップにいきました。実家によるときはなるべく寄るようにしているのですが。
そして。
見知らぬ夫婦が2つも抱えているものがレゴである、それも古くて!激レアな!レゴであることが発覚・・・
あぁああああああああああーーーーーーっっ!!!!#725だと!!品番3ケタ!

思い切って、見知らぬ人なのに、声をかけました。
緊張しすぎてぷるぷるした。見知らぬ人に話しかけたの人生初かも。

「2つ同じものなので、ひとつ譲ってもらえないでしょうか」
すると、「家を作りたいので、これが欲しいのだ」とすこしぎこちない日本語でおっしゃる。
「家を作るなら、これでなくても、他のレゴにもいいのがあります。
申し遅れましたが、私こういう者です」と名刺を出し、
「大学でレゴの、それも古いレゴを研究しています。これは古い。どうしてもだめですか?」と食い下がるも、
「ぼくもこれ欲しくて、かいがいから来たです」とおっしゃる。

・・・うん。さすがに負けました。でもなんか、しかたないよね。
一応、ダメもとで話しかけてよかったです。
その後、パッケージの写真をいっぱいとらせてもらいました。
単なるおケチなお父さんじゃなくて、海外から来ちゃうくらいのレゴラーなら、きっと、きっと大切にしてくれるはず。
大切にされる場所はうちの家じゃなくても。
そう思うことにしました。

それに、名刺をお渡ししたから、もしかしたら巡り巡ってまた会えるかもしれない。
そのときに、「あのとき#725を取り合いましたね!」と話のネタになるかもしれない。
このブログを読んで、私の気持ちを汲んでくれるかもしれない。
そう思うことにしよう。




で、悔しさをバネに、もう一つ売りに出されていた#1401を購入。3000円を超えており、割高ではあるものの、箱の痛みも少ないので、一つ記念に買うことにしました。



ところが、この#1401、日本語で煽り文句が書いてあるので、もしかして日本限定セット?
Bricklinkで検索しても出てこないし、google画像検索でも出てこない。
LUGNET・peeronではページはあるだけで一切情報なし。
もちろbrickinstructionsにもなし。
わかるのは、1986年という数字だけ。何なんだろうこのセットは。

でもこのセット、28年前の・・・自分が生まれる3年前のなんだ。時がこれ程流れても、まだある、まだ使えるって、すごいよなあ。手に入ってよかった。
今40歳くらいの人が、デパートのおもちゃ売り場で泣いてた頃に、ショーケースの中にあった物なんだろう。
ほんとにこれってすごいことだよなあ。
だって、10年前、まだMD使ってたのに、もうそれって残ってないもんなあ。
28年前って、MS-DOS?PC-9801?

転売するつもりはないし、開封するつもりもないけど、やっぱりレゴが好きだから、買えるはずのない28年という時間をお金で買ったと思って、これからも大切にしてあげようと思う。
やっぱり、価値のわからない人にバリバリ開けられるより、手元で守ってやりたいよ。見つけた子は。




で、気になったので、1986年の製品を調べてみたら、面白いのが出てきた。

Roadplate

いやあ、この狭いのに広い感じ、そそりますね。
ちなみに今は、こうなってます。
 
道路の幅が広くなり、代わりに周りが狭くなったので、ちょっとミニフィグ達にとっては狭いかも?


LEGO interface A

なんやこれ。よくわからないが、見た感じ、簡単なプログラムが組めるシロモノではないだろうか。
端子は、4.5Vのトレインシステムと同じ?フロッピーが3.5インチではなく5インチということくらいしかわかないが、きっとそういう類のものでしょう。

MAnual control set

こちらは、タイトルからして、プログラマブルではなく、単なるリモコンかな。でも、ここまで大きいと、操作しやすくてよい!

Technic control II

うん。すばらしい。
28年前、ネットやら携帯電話やらが夢だった時代に、チャッチャと時代を先取りして、子どもたちの「ロボット」に対するあこがれを具現化していた、そのレゴ社の先見の明は大きな評価に価する。と思う。28年前、日本はどんなおもちゃを出していたんだろうと調べてみたら、ファミコンとローラースケート、ラジコンでした。ちなみに、1968年には電子ブロックが発売されていたみたいです。いいヒントは日本にも転がってたんですね〜

Optosensors

光センサと白黒ディスクのセット。組み合わせると、回転センサができます。
今のMindstormsは、モータに回転センサが組み込まれており、そのへんの仕組みがブラックボックス化されています。1999年発売のMindstormsでも回転センサはブラックボックス化されていました。
やっぱりこういう、原理が目に見えてわかるものも、残っててほしいなあ。




実家から発掘したもの。



これは、F1 Haulerのごく一部と(よくこの少ないパーツで思い出したな自分)、Hook and Ladderのトレーラ部分。

ホコリは積もっているけど、見つかってよかった!


Appendix

プロフィール

なかやま

Author:なかやま
関西在住,1歳から下手の横好きでLEGOをあつめています。
好きなジャンルはLEGO SystemとTechnicの融合したメカメカしくかわいいもの。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。