スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴを洗おう

レゴテクニックのシャフトなどは、新品ほど堅く結合します。とくに、汚れていると指が滑りはずしにくくなります。

五十川さんのように、ゴム皮膜をつけたペンチで引き抜くのが王道ですが、
私は汚れているレゴはまとめて洗ってしまいます。

中古で集めたレゴに、昔、チョコレートがついていたときがあり、洗う習慣がなかなかやめられません。

あらうといっても、お湯に石鹸をとかしてガシャガシャやるだけです。歯ブラシや綿棒や指で汚れは落とします。風呂場の排水溝が怖いのでビニール袋で排水溝周りに堤防を築きます。
料理用のザルと洗面器とポリバケツでいつも頑張っています。



これを、風呂桶で石鹸水ともに洗い、



ズラッと並べて、拭いて、



時々遊んで、片付けます。


ところで、在庫量が多いと、その仕分けだけでかなりのスペースをとってしまい、なかなか小さなものを組み立てる時に不便を感じます。

そこで、


整理済みの在庫とは別に、小分けパックに数種類を用意して、レゴで遊ぶ時の手元が箱だらけにならない様にしてみました。
シャフトだけでなく、ギアやブッシュ、ペグでも同じように小分けで用意しようと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。