スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母艦PCが壊れたときのiPhone連絡先をBackUpする

先日、メインで使っていた母艦PCがお亡くなりになった><
同期によるバックアップをしばらくサボっていたので、
iPhoneの連絡先が最新かつ唯一という状況に('A`)

母艦のHDDからは個人データ(音楽なり写真なり書類なり)は吸い出せたけど、
Outlookの連絡先はどこに保存されているのか、
保存されていたとしてそのままMacで使える形式なのかどうかわからない・・・!

新しいPCとしてMacBookAir11"を注文したけれど、
このまま同期すればたぶん優先順位的にはMac>iPhoneなので、
連絡先データは白紙に戻されてしまうはず・・・。
というわけで、iPhoneだけでどこまでバックアップが取れるか試すことにした(゚∀゚)

使用したアプリは、
ExcelContactsLite(上限150件。か有料版では無限)と、
ContactSync(無料)

前者は、連絡先の少ない自分はいくつか不要なものを整理するだけで何とかなったが、
有料でも230円なので、連絡先の多い人は買う価値有りかな。
でも、Wi-Fi経由でのアクセスはできず、メール添付で送信するしかできなかった><
無料にこだわるなら、150件ずつ削除しながらエクスポートしたらいいのかな。?
インポートも同じく150件ずつできるし。

後者は、アカウントの作成が必須だけど、たぶん自分で何か手作業をすることなく簡単にバックアップが取れるのではないかな。

二種類の方法でバックアップを作成できたので、これで心置きなく新しいMacとペアリングできる(^ー^;)
今後は、Gmailをつかって連絡先をクラウド上で扱おう!!


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。