スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WeDoに二つのモーターをつなぐと…

レゴ界の尊敬する師匠である五十川さん(こちら)に,
WeDoのモーター指定に関するコメントを頂いたので,(ご指摘ありがとうございました!)
さっそくWeDoでの複数モーターへの対応を試してみました.アイコンの上で,Shiftをおしながらクリックします.

てもとにWeDoはなかったので,キャプチャ画面だけ.


スクリーンショット(2011-08-26 7.31.02)


びっくりしたのは,このモーター指定が,最大6番まで用意されていること.
WeDoのインタフェースはin/outで2口しかないのに,将来的には6口のインタフェースを用意してくれるのでしょうか?
CUUSOOに提案しているWeDoの拡張版(こちら)が将来リリースされるのでしょうか?わくわくですね!



当たり前ですが,LEDやセンサー類にも,同じ方法で番号を付けることができました.
難しくないモーター指定方法でしたが,探索が足りず,未対応だと思っていました.ごめんなさい.

今回,MacでのCtrlキーまたはOptionキー(たぶん,Windowsでは,Altキー)を押しながらコマンドをドラッグすると,複製できるというのも発見しました.
複数選択やCtrl+Zでもとに戻す等の操作ができない分,ありがたい機能でした.
このソフトも,分かりやすく(子供には操作が,大人にはソフトの制限が分かりやすい)カラフルで扱いやすいので,
タブレット端末には最適だと思うのです.
iPadにも早く対応して欲しいですね~



最初はパーツの少なさにがっかりしたWeDoでしたが,
今となっては,自分がLEGOのメカトロニクスを親戚や知人に魅せつける格好の道具となっています.
この最小構成で,ぜんっぜん問題ないですね.(ミニフィグの体はちゃんと2体分ほしいですけど)

WeDo・・・子供ができたら,赤いバケツ・基礎盤とともに,まっさきに買ってあげたいセットです.


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。