スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節剛性




テクニックパーツを使用して、なんとなく脚ができてきました。まだ骨格作成のみで、ディティールはアイディアだけです。
グリル付き円柱パーツと2×2丸タイルを買おうとは思っています。

しかし、関節に可動域をもたせると、首も足先も重いので、持ち上げるとダラーンとなり、立たせると崩れ落ちてしまいます。今のところは摩擦ありのペグと、爪付きのヒンジパーツを使って半固定していますが、効果はあまりありません。
かといって固定しても面白くないので、関節の曲がりにくさ=関節剛性を高めてやらねばなりません。

摩擦ペグの本数を増やすか、ゴムやバネで関節の両端からテンションをかけるか、機械的にもう一本べつの梁をいれるか…

悩ましいところです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。