スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴ部のワークショップ「レゴカフェ」に参加してきました。

こんにちは。なかやまです。
今までこのブログの機能がよくわかっていなくて小さな写真ばかり載せてきましたが、大きな画像を載せる方法がわかったので大きくご紹介。

昨日、大阪大学レゴ部として3度目となるワークショップイベントを開いてきました。
詳しいことは、阪大レゴ部のHP(こちら)にてご紹介しています。

気候も良く、参加してくれたみなさんが穏やかに熱心で、終始和やかな雰囲気でした。
講義は自分ではもっと分かりやすく、もっと伝わるようにできたのではと思います。いろいろ反省点は前向きに生かしたい。
P1050116.jpg


作品展示には、部員のwakaさんやぎさんmazta-kさんが参加しました。
wakaさんのガブリボルバーがたのしい!

P1050060.jpg


私の展示作品は前にもご紹介した電動急流下りと、ミニカー43台。

P1050088.jpg

急流下りは水流で一応船がエスカレータ部分まで戻ってくるはずなのですが、子どもたちは待てずにどんどん船をエスカレータに乗っけてました。笑
船が滑るたびにキャーキャー叫んでくれて最高です。

P1050052.jpg

ミニカー台数は目標の半分にも達していませんが、車好きの少年の心はつかめたはず。家に帰ったらコレ自分もつくる!と言っていた親子がいて嬉しかったです。

P1050047.jpg

また五十川さんの楽器にインスパイヤされて作ったJAZZセッションも、クランクを学んだばかりの子どもに大受けでした。持って行ってよかったです。


本当は11組全員の作品を紹介したいのですが、時間の都合で一人だけ・・・
コレはワークショプに参加してくれたある女の子の作品、「ゴーストハウス」
入り口のドアにミニフィグを近づけると、センサーが反応し、ちょっとかわいい幽霊がウィンウィン周りだし、ミニフィグは上下に跳ねながら回って焦りを表現し、窓から中を覗くと狼が動きまわっている。・・・しかもこの3つが一つのモーターで連動するのです。すごーい!!
シャンデリアや幽霊の餌食となったヒト(ミニフィグの一部)など装飾にも凝っています。そしてなにより、限られたパーツと限られた時間の中で作業に優先順位をつけ、完成まで漕ぎ着けたのがえらかったです。穴だらけの壁の穴も、「ゴーストハウス」=「廃墟」ということで、かえって雰囲気が出ていますね。

P1050215.jpg


保護者のかた、担当していたwakaさん、そして周りの人が総出でパーツを探して献上(?)するのに対して丁寧にお礼を言っているのが印象的でした。また来てね!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。